■境キリスト集会■
Copyright (C)since2000.11.25 moved :2003.08.23. SHALOM HOT LINE. All Rights Reserved1
 
 
ゴスペルハウス境(境キリスト集会)
集会」と呼称する理由
伊勢崎市境
「教会」と訳されていることばは「εκκλησια(エクレーシア)」といい、新約聖書で114回使用されています。古い時代、教会にあたる言葉は「エクレーシア」が使われていました。これは古代ギリシア語で、「呼び出された者たち」を意味しました。古代ギリシア語のエクレーシアの原意は、「会衆」と言った意味。ギリシア・ポリスで民会の際に打ち鳴らされた鐘で「呼び出された者たち」のことでした。宗教史でも証言されているように「原始キりスト教」の時代、現在のような聖職者もいなければ、今日の教会組織もありませんでした。
初期の「会衆」たちの間には、会衆の世話人的立場の人はいても、聖職者がいなかったことは、『新約』諸編の端々からも読み取れるのです。これらの点から、すべて聖書に基づいて、純粋な信仰を守り、キリストイエスにある一致により集められたのがキリスト集会です。会員制度を持たず、出入りは自由で、教派・組織に属していません。単立教会ではありますが、日本全国では約140以上存在し、韓国では240、インドでは1000以上の集会が存在するなど、欧米はもちろんのこと、アジア全土、南米にもアフリカにも、全世界にこのムーブメントが存在し、交流も盛んに行われています。
特に境キリスト集会は韓国、インドのクリスチャンとの交流があり、責任者の浅香は韓国諸集会への奉仕のため、年に数度訪韓し、みことばの奉仕・クリスチャンのフォローをさせていただいています。また、数多くの海外のお客様の接待の家として用いられております。
境キリスト集会
集会の形態
伊勢崎市境
牧師制度がありません
旧約聖書には、古のイスラエル建国の際、民は異国の政治形態に習い「王制」を要望しましたが、神は、この制度を喜ばれなかった記述があります。
キリスト集会に牧師制度はありません。様々な職業の方、立場の方々が自発的に責任を分かちあい、キリストイエスの初期の弟子たちが守ってきた集会のあり方だけを模範にし、キリストイエスを主人とし、中心とした交わりを大切にする人々の集いです。また、特定の人物を崇拝するようなことがありません。また信仰の長さや学歴などにより人間性を差別区別することなく、お互いに謙遜になって受け入れることを旨としています。
組織も 、会則もありません
キリスト集会には役員会も、総会も、会則もありません。キリストイエスによって救いを受けた兄弟姉妹が、キリストイエスが望まれる様々な奉仕を分かちあい、すべてが自発的によろこびをもってなされます。 牧師制度がありません。
会員制度を持ちません
会員として登録されるようないわゆる会員名簿にあたるものを持っていません。出入りは自由であり、宗教団体的な制度はいっさい排除して、イエスキリストご自身によって祝福された日々の生活や、神様の取り扱いを受けている生活の様子を隠さずに、いたわりの心を持って、感謝と喜びに満たされる時間を共有しています。
ただし、聖書による集会の歩みを遵守し、当集会で信仰確認ができ、バプテスマ(浸礼)を受けた信者と、ノンクリスチャンを区別する場合があります。
当集会の献金の考え方
集会を維持し支えるために、また生活に困窮する信仰を持った兄弟姉妹を支えるために、また、専心の働きをされている兄弟姉妹を支えるために、経費が必要とされています。
この献金は利潤をあげるめに決して使われていません。献金はバプテスマ(洗礼)を受けた兄弟姉妹が自発的に行っています。
▲月定献金、年定献金などの献金制度はなく、すべての献金は自発的に行なわれ、無記名です。献金は、その金額の大小によって、幸福を左右するものでは決してありません。
境キリスト集会
プロテスタント系の単立教会
伊勢崎市境
異端との区別
ものみの塔(エホバの証人)、原理教会(統一協会)等のカルト集団とは一切関係がありませんが、脱退された方、脱退を希望する方をお受け入れしています。
当集会の責任者について
当集会の責任者である浅香兄弟は伊勢崎市境で25年間、学習塾「グレイスアカデミー」・「進学NAVI」を開業し、約500名の生徒の学習指導生徒指導をしてきました。

また婦人、浅香姉妹は韓国ソウル出身の生粋の韓国人で、在日の韓国人伝道の奉仕をしています。
バプテスマ集会(洗礼式)
4月29日pm1:30〜
ゴスペルハウス境

バプテスマ集会の記録-
動画約7分-
今回の式次第・聖書朗読箇所