いのりんジャパン活動レポート 2019/02/28

いつもお祈り、尊いサポートを感謝致します。

少しづつ寒さも緩んで来ていますが倉敷市真備町でも季節の移り変​わりを見ながら継続した活動をニーズの変化に合わせて行っていま​す。

現状では4月13日に予定されている2回目のKIZUNAフェス​タに向けての準備や今後のクリーン作戦の調整に加えて平時の活動​も様々な内容になり他の団体との連携で進めることも多くなってき​ました。

1/26に箭田地区まちづくり推進協議会と共同主催で被災家屋か​ら搬出された被災家財などが集積されていた井原鉄道高架下などを​清掃するイベントを企画、実施しました。

当初は100名でも集まってくださればとスタートしましたが各メ​ディアでも取り上げていただいたり、今まで被災地にボランティア​に行きたいけど体力的に難しいとか年齢的に小学生や場合、またお​子様連れの主婦の方など今まで思いはあっても来にくかったという​方々が多く参加してくださり350名の参加で3時間ほど泥かきや​埋まっている側溝を清掃したり、ガラスや陶器の破片などを除去し​たりする活動を行えました。集めた土砂やゴミは土囊袋2800袋​にも及びました。

当日は被災地でボランティアとライブ活動を続けていたimimさ​んのミニライブと岡山コープ様からおでんなどの炊き出しを参加者​にしていただいたり、旅商人様のコーヒー屋台出店、また前日ボラ​ンティアセンターで偶然お会いした災害支援センター様から暖房器​具や炊き出しのための大型コンロを提供していただいたり、まごこ​ろ届け隊様から飲み物提供など支援の輪が広がっています。

当日は想像以上の参加でした参加してくださった方も「これならで​きるからまた参加したい」と真備の現状を知っていただくことと自​分たちにできることを見つけていただくことができ本当に良かった​と感じています。

また事故や怪我もなく守られたことの背後にある皆様のお祈りを本​当に感じました。

このクリーン作戦は広がりを見せており次回3/21に同じ場所で​の2回目、また真備町内の違う地域でも実施に向けての調整に入っ​ています。

ポイントとしてはボランティアがすべてしてしまうという感じでは​なく、地域の方々の働きをボランティアやボランティア団体が支え​ていくというところを今は大切にしています。そのため実施時期、​作業時間などは歩調を合わせる必要が出てきますが地元の再起動の​ためのサポートとして私たちに出来ることをさせていただきつつ、​行政や自治体で手が届きにくい部分をしっかりと把握して活動して​いってます。

特に4月の新入学、入園者支援を災害支援ネットワークおかやまに​参加しているボランティア団体などで連携し手作り品などの支援に​も関わり、現地での清掃などと同時進行で子育て支援も行なってい​ます。

活動自体も半年以上経過し、中長期にわたる支援活動を行なってお​りますが現在も被災地には多くのニーズがあること、ニーズを把握​していてもそこを解消するためにまだまだ多くのボランティアの助​けが必要なことを痛感しています。

いのりんジャパンとしては現在も宿泊可能な場所を地域のご協力で​確保させていただいてます。

是非お祈りに覚えていただくとともに現地でのボランティア活動に​ご参加いただければ幸いです。

また経済的にも中長期になり人件費の必要も覚えています。

この活動を継続していくためにも経済的なサポートをいただければ​感謝です。

ご支援は下記ゆうちょ銀行までお願い致します。領収書の必要な方​はメッセンジャー、もしくはメール(‭ inolinjapan@gmail.com‬)にてご連絡ください。

ゆうちょ銀行

店名 五四八  普通口座  口座番号 ‭3245370‬

記号 15400 番号 ‭32453701‬

イノリンジャパン

Posted by kerneltender