本文へスキップ

境キリスト集会は伊勢崎市境にある家の教会です

TEL. 0270-74-4105

〒370-0126 群馬県伊勢崎市境下武士11-7

オペレーションバルナバSERVICE&PRODUCTS

このミッションの概要

○○○○○○○○イメージ

「オペレーションバルナバの歩み」

○この奉仕は1994年 Roy T. Daniel (ロイ・ティー・ダニエル)兄弟と 妻 Bizy Daniel(ビスィー・ダニエル)姉妹によって始め
●現在、2000余りに及ぶインドの諸集会で奉仕する専心伝道者は1500人になります。これらの兄弟たちを励まし、具体的なサポートを行っています。
●インドでの奉仕は特別な状況下に置かれていることを理解していただかなければなりません。国民全体が困窮状態にあり、伝道者の兄弟とその家族の置かれている環境も例外ではありません。この経済的な問題は彼等の奉仕の継続の大きな障害となっていることは言うまでもありません。
インドは、人口約11億人の35%が1日1ドル以下で生活する絶対的貧困層である。(国際協力銀行調査)
●オペレーションバルナバではダニエル兄弟を、定期的に訪問させ、伝道者の兄弟たちの必要性を調査し、また共に祈りあい、さらに具体的な援助を行っています。

今までに、神様の恵により、35の集会所、伝道者の居住住宅4棟を建設ができました。移動が大変困難な地方に住む伝道者のためにモーターバイク12台を購入ができました。さらに、伝道者の特別な必要、病気療養や子どもたちの教育のために、さらに伝道的な印刷物を供給などを行っております。また毎月の支援項目として、老齢のため、健康的な理由で活動を余儀なくされている、32人の伝道者、または、未亡人32名を援助しています。られました


○○○○○○○○イメージ

「ダニエル夫妻の歩み」

●1976年:ロイ・ダニエル兄弟は「新生運動(A Chiristian Literature Publishing Ministry)」(埼玉県新座市)-現在の「新生宣教団(NEW LIFE LEAGUE,JAPAN)」(鳩山町)での奉仕のために来日。
●1978年:インド出身のビスィーと結婚。
●1987年までの11年間の奉仕の間、東久留米キリスト集会に属していました。
●1987年〜1994年:カナダに移住。民間の印刷会社で印刷技術者として従事。この間現在の奉仕について導きを求めました。インドでの特別な奉仕のために、主から召命を受けていると確信する。彼等が属していた、ベサニ福音集会(カナダのリジャイナ)は,彼等の召命を承認し、この奉仕のために彼等を派遣することに賛同しました。
●1994年:インドで、オペレーションバルナバを開始、現在に至っています。
○現在、ダニエル夫妻を含め、4人の兄弟姉妹がこの奉仕にあたっています。

機関紙「Insight India」An Assembly Testimony Jounal(A4:20P)

○○○○○○○○イメージ

「機関紙の発行」

●「Insight India(インサイト・インディア)」はオペレーションバルナバの隔月発行の情報誌です。希望される方々に全て無償で配布されています。この情報誌を通して、インドに在る諸集会の奉仕や伝道者の宣教活動について状況を詳しく知ることができます。より深い理解は、具体的な支援と深い祈りへと導いてくれるものと確信しています。




兄弟姉妹への祈りの課題

○○○○○○○○イメージ

「祈りの課題」

●インドは現在大きな助けを必要としています。2000の諸集会と1500人の伝道者が11億の人々のために今日も奉仕を続けています。インドでは人口の65%が未開発の村に住み、都市部でも40%に及ぶ人々が貧民街に住んでいます。
●1500以上の異なる言語が用いられ、そのうちの18の言語が公用語とされています。3000以上の部族がいて、大部分は原始的な生活の状態に置かれ、この人々のたった10%に福音が伝わっているにすぎません。そして、インドの総人口の4%がクリスチャンとみなされていますが、大部分の人々は救いにあずかることなく滅びに向かっています。
●今この文章をお読みの兄弟姉妹に、強い意思と魂を救いに導く情熱があれば、インドに住む多くの方々の運命を変えることができるのです。
●聖書はこう語りかけています。
ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。
新約聖書 ローマ人への手紙 10章14・15節
●兄弟姉妹。あなたの貴重な祈りと具体的な支援が、インドの伝道者自らが、同胞の救いのために働きかける大きな助けとなるのです。

具体的な支援について

「支援の一例」

●田舎の集会所建設のための費用:20〜50万円
●モーターバイクの購入費:10万円
●伝道者の家族の生活費:1万2千円(1か月分)

「献金の方法と会計監査について」

●オペレーション・バルナバは管財人として4人の兄弟姉妹をChristican Charitable Trust(キリスト者慈善信託)に登録し、毎年会計監査を実施しております。その結果を逐次、兄弟姉妹に公開報告しています。
●兄弟姉妹の尊い愛の賜物である献金は、以下の日本の事務局に直接送金することができます。
●兄弟姉妹からの尊い献金に関しましては、インドの事務局から正規の領収書をご送付させていただきます。

事務局について

「日本事務局」

Mr. Sobi Abraham(ソビーアブラハム
〒358-0024 埼玉県入間市久保稲荷1-12-3 扇町屋団地10-304

「インド事務局Operation Barnabas

Operation Barnabas ”Benaiaha”
Palm Peak Layout,  Kalkere Road,
Ramamurthy Nagar, PO Box1633
Bangalore-560016,India
mail: roydaniel@yahoo.com
Tel. 91-80-25654427 Fax. 91-80-25651166
Managing trusty &Chairman : Roy T. Daniel


バナースペース

境キリスト集会

〒370-0126
群馬県伊勢崎市境下武士11-7

TEL 0270-74-4105
FAX 0270-74-4097